土地活用の原点としての農業

人類が土地活用というものを始めた原点は農耕でしたから、農業こそが土地活用の原点ということになるでしょう。

その当初は狩猟採取で生き延びていた人類が、やがて、地面を耕して作物を作る、という土地の活用ノウハウを獲得したことによって、それまでの食物を求めての流浪の生活から、一所に定住することができるようになったことで、やがて、そこに都市というものが誕生し、文明というものを築くことができるようになったわけでした。

この農耕という土地活用の手段を手にしたことで、今日の人類社会の土台が形成されたわけですが、この農業という大地から食料を生産する事業は、今日でも変わることなく、人間が食糧源を確保するための欠かせない手段となっているわけです。

大阪の土地活用の為になる情報です。

たとえ工業や商業がどんなに発達したとしても、食糧源を確保するための農業というものは、人間社会にとって絶対不可欠なものであることに変わりはないのです。



やがて蒸気機関というものが発明されて、機械による大量生産というものが可能となったことで、産業革命が起こり、本格的な工業の時代が始まりまると、この工業の土台となる工場という施設が、多くの土地の上に続々と建てられるようになり、この工場で作られた大量の製品が流通する近代という時代の幕開けとなりました。



こうして、農業によって始まった土地活用は、工業の土台を成す工場を建てるための用地としての土地活用へと変遷し、やがて、それは広大な面積を有する大工場地帯へと発展を遂げて行ったのです。